暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

『 バーミューダ・トライアングルの謎 !! 』

読了までの目安時間:約 8分

 

 

 

 

 

 

 

バーミューダトライアングルの謎解明か

 

数々のエピソードや怪奇事件を残している

バミューダ・トライアングル...。

 

バミューダトライアングルとは

バミューダ諸島と

プエルトリコ、そしてフロリダ半島の先端を

結んだ三角形の海域のことです。

 

皆さん、知ってました

 

 

 

 

 

 

主な事件を調べると...。

 

1880年1月  – アトランタ号
1909年1月  ボルチモア号
1918年3月  サイクロプス号
1920年        ヒューイット号
1920年4月 オブライエン号
1925年4月  来福丸
1926年3月  サダフコ号
1932年4月   ジョン&メアリー号
1941年11月 プロテウス号
1949年4月   ワイルド・グース号
1950年6月   サンドラ号
1951年11月 サンパウロ号
1956年7月   ハウンティ号
1963年2月   サルファ・クイーン号
1965年6月   C119型輸送機
1966年12月 サザン・シティ号
1967年3月    ヒーチクラプト双発機
1969年6月    セスナ172
1970年         ミルトン・イアリトリード号
1971年9月   ファントムⅡF4ジェット
1973年          アニタ号

 

これらの小型船舶大型船舶飛行機等を含め

全て "”も"船舶”も行方不明...。

船舶の残骸すら見つかっていません

 

これは、ほんの一部の怪事件でしかありません。

 

ほかにも、多々の船舶や飛行機が消息不明に

なっています

 

自分も、昔「ムー」という雑誌などで

よく、読みましたよ...

 

 タイムスリップ説...。

 

 次元と次元の狭間説...。

  (ワームホール)

 UFOがらみの説...。

 

 海底巨大ピラミッド説...。

 

 海域状態が急変する事...。

 

14675989711j54id5ahUwmWzP1467598969

 

とマア...

いろんな噂がとびかって

いましたけど...。

 

結局は"”のまま

詳しい解明はされてきませんでした。

 

なんと、なんと

それが今回、謎の原因

解明...されそうなんです。

 

大まかな概要はこれです

 

水深約46mの海底で、クレーターが発見された。

幅は800mほどある。

ノルウェー沖は天然ガスが豊富に

埋蔵されているが

ここからメタンが漏れ出し

爆発したことでクレーターが

形成されたと考えられている。

 

ノルウェー、トロムソ大学の研究者によれば

バレンツ海西部から中部にかけた一帯には

巨大なクレーターがいくつも存在するという。

 

カラパイア記事参照

 

要は...。

 

 メタンハイドレードの大爆発

      

 海底に大きな穴が開く。

      

 海流が流れ込む。

      

 船が巻き込まれる。

      

 巻きあげた海底の砂が

   沈んだ船の上に降り積もる。

      

 捜索しても、船の残骸も人も見つからない。

      

 メタンガスの爆発により、電磁波が発生。

      

 飛行機などの計器を狂わせる。

      

 墜落してメキシコ湾流に流される。

      

 飛行機の残骸も、人も見つからず。

 

というような、仮説が成り立ってきますよね...。

 

これは、"最新の有力な仮説”のひとつです

 

これは、ナカナカ信頼性(信憑性)があると

と思われますね...。

 

14675991163xW9JuuOpOG5_Zk1467599114

 

他にも巨大ピラミッド

(ガラス、もしくはクリスタルでできている

ものが沈んでいる...。

なんてのもあります。

 

ピラミッドの底辺は300メートル

高さ200メートルと、エジプトのクフ王の

ピラミッドより大きく

 

ガラスか水のようなものでできていて

藻や堆積物に覆われることもなく

滑らかで一部透き通っているという。

 

ピラミッド上部の海面にはふたつの

巨大な穴が開いていて、海水が猛スピードで

穴に流れ込んでいるため、

大波や渦ができ、海面に霧が発生するという。

 

これが通過する船や飛行機に

なんらかの影響を与え、この海域の謎の原因に

なっているのかもしれないと

科学者たちは考えている。

 

フランスとアメリカの探検家
バミューダトライアングルの

水深600メートル(2000フィート)地点の海底に

水晶のような質感のピラミッド、

 

クリスタルピラミッドがあるのを

ソナーで確認したというのだ。

NEVER/まとめ

 

    まだ詳しい調査が行われてないので

    わかりませんが(調査のためには莫大な費用が必要

 

  協賛/援助してくれる企業がまだみつかってないそうです。

 

   "まゆつば的な話なのかは、まだよくわかりません...。

 

   これで、すべてが解明されたわけでは

   ありませんが...。

 

   今後どうなるか、楽しみです

 

   でも"ロマンがひろがりますね...    

 

 

 

 

暮らしのカレンダーTOPページへもどる

 

 簡単な晩ご飯レシピを紹介しています 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ