暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

りんごの語源、種類、レシピについて調べました!

読了までの目安時間:約 4分

りんごの語源、種類、レシピについて調べました!

 

りんごの語源

 

りんごは、ふるく中国をけいゆし渡来し、西欧系のりんごの
普及いぜんに日本でも栽培されていた。
林檎は中国語で、「檎」はほんらい「家禽」の「禽」で
「鳥」をいみし、果実があまいので林に鳥がたくさん
集まったところから、「林檎」とよばれるようになった。

 

「檎」は、漢音で「キン」呉音で「ゴン」と読まれることから、
「リンキン」や「リンゴン」などと呼ばれ、それが転じて
「リンゴ」となった。
平安中期の「和炒抄(わみょうしょう)」では「リンゴウ」と
読んでいる。

 

りんごの種類

 

りんごの種類には、

 

「あいかの香り」、「あかぎ」、「茜(あかね)」、
「秋映(あきばえ)」、「安祈世(あきよ)」、
「あずさ(早生ふじ)」、「アルプスの乙女(姫りんご)」、
「印度(インド)」、「おいらせ」、「かんき」、
「北紅あおり13」、「紅玉(こうぎょく)」、
「昂林(こうりん)」、「国光(こっこう)」、
「こみつ高徳(こうとく)」、「美丘(さしゃ)」、
「さんさ」、「シナノスイート 」、「シナノドルチェ」、
「シナノレッド」、「シナノピッコロ」、「秋陽(しゅうよう」、
「ジョナゴールド」、「スターキング・デリシャス」、
「スリムレッド」、「世界一(せかいいち)」、
「千秋(せんしゅう)」、「大紅栄(だいこうえい)」、
「高嶺 (たかね)」、「千雪(ちゆき)あおり27」、
「つがる(サンつがる)」、「夏明(なつあかり)」、
「ひめかみ」、「弘前ふじ」、「ピンクむつ(陸奥)」、
「ピンクレディー」、「ファーストレディ」、「ふじ」、
「紅いわて岩手7号」、「紅将軍(べにしょうぐん)」、
「紅ロマン」、「ほおずり」、「北斗(ほくと)」、
「未希ライフ」、「ミニふじ」、「やたか(早生ふじ)」、
「由香里(ゆかり)」、「ゆめあかり」、「陽光(ようこう)」
などがある。

 

カルバドス・りんごのソテーのパイ添え

 

材料(スティックパイ1.5cm幅のもの・10~12本分)

 

パイシート(冷凍)  1枚
グラニュー糖  適量
シナモン  適量

 

りんごのソテー
グラニュー糖  大さじ4
バター  小さじ2
りんご(紅玉)  1個
カルバドス  大さじ2

 

作り方

 

❶パイシートの表面にはけで水(分量外)をぬる。グラニュー糖、
シナモンをふる。

 

❷①を1/5cm幅にカットしねじる。オーブンシートの上にのせ、
190℃にあたためたオーブンで色づくまで12~15分やく。

 

❸りんごは芯をとり、くし切りにする。フライパンにグラニュー糖を
いれ中火にかける。フチがうすいキャラメル色になったら、ゆっくり
フライパンをまわす。全体がキャラメル色になったらバター、りんご
を加える。

 

❹りんごがしんなりするまでソテーする。カルバドスをかける。

 

❺お皿に②、④をもれば出来上がり。

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ