暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

牡丹餅とおはぎと違いは?由来は何?

読了までの目安時間:約 2分

おはぎと牡丹餅の違いわかりますか?

 

実は、おはぎとぼたもちは基本的に同じものです。
違うのは食べる時期だけなので、
ぼたもちとおはぎを書くと、「牡丹餅」「お萩」。

 

ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるもので、
あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。

 

おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるもので、
あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。

 

では、何故牡丹の方にだけ餅が付いたのでしょうか?

 

牡丹餅の由来は?

「倭漢三才図会」に「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」
とあり、牡丹餅がぼたもちになり、萩を丁寧に言っておはぎになったというのが、最も一般的な説です。

 

よって、春はぼたもち、秋はおはぎと

春秋使い分けないといけないのですが、
今は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようです。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ