暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

DHCクレンジング バーム

読了までの目安時間:約 3分

DHCクレンジング バーム

 

こんにちは、DHC会員のひとりです。
みなさんはメーク落としをえらぶとき、なにを基準にえらんで
いますか?

 

わたしは、しっかりメーク汚れをおとすのはもちろんのこと、
オイルタイプで、洗いあがりがスッキリしていること。
クリームタイプは摩擦が気になり、使えません。

 

メーク落としえらびでお悩みのあなたにDHCクレンジング バーム
のご紹介です。

 

メークや汚れを抱え込み、肌でとろけるクレンジングバーム

 

植物由来のクレンジング成分で「メークをすっきり落とす」
クレンジング力だけでなく、「しっとり、やわらかにたもつ」
洗いあがりの素肌のことまで考えたクレンジングバーム。

 

固形状でありながら、肌のうえでは体温でとろけオイル状に
変化。
とろみのある高密着バームがメークやよごれ、ヨブンな
皮脂をかかえこみ、するりとオフ。

 

必要な油分をうばいすぎず、植物由来のクレンジング成分や
美肌成分のはたらきで、しっとり、やわらかな素肌をたもつ。
心地よいクレンジングタイムを演出する、フレッシュ
フローラルの香り。

 

液だれしない高密着バームが、メークや汚れをしっかりキャッチ!

 

乾いた手のひらであたためたバームを肌にのせ、くるくると
指をすべらせるだけでメークや汚れをしっかりキャッチ。
ウォータープルーフのアイライナーやマスカラなど落ちにくい
メークものがさず、しっかり落とす。

 

主成分がオイルでありながら適度にとろみのある高密着バーム
のため、液だれを気にしながらクレンジングすることもない。

 

クレンジング力は高く、肌にはやさしく。植物由来の
クレンジングバーム

 

肌にフタンのかかる鉱物油などをいっさいつかわず、植物由来の
クレンジング成分をはじめ、ローズマリー、セージ、
セイヨウシナノキといった美肌成分をはいごう。

 

主成分を植物由来のゲンリョウにすることで、たかい
クレンジング力と、しっとりとした洗いあがりを両立した。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ