暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

「福祉」とは何でしょうか?

読了までの目安時間:約 4分

 

「福祉」とは何んでしょうか?

福祉(ふくし、英: Welfare)とは、「しあわせ」や「ゆ
たかさ」を意味する言葉であり、すべての市民に最低限の
幸福と社会的援助を提供するという理念を指すとあります。
 
福祉・介護・障害者福祉、障害のある人も普通に暮らし、
地域の一員としてともに生きる社会作りを目指して、障害
者福祉サービスをはじめとする障害保健福祉施策を推進し
障害者制度の改革にも取り組んでいます。
 
ホームヘルプについて語ることはあっても、「福祉」とは
何かを語ることはなかなかありません。
 
介護福祉について体系的に勉強した経験がなかったり、そ
ういった学問的なことについて、あまり関心がなかったり。
 
ということで、ホームヘルパーが福祉について考え、「福
祉論」を展開するということはあまりありません。
 

「福祉」の語源

 
まずは「福祉」という言葉の語源をたどってみといと思い
ます。
 
「福」も「祉」も、どちらも「幸福」や「しあわせ」を意
味する漢字です。
 
つまり、福祉とはひとを「しあわせ」にすること。
これはよくいわれる定義ですが、でも「幸福」とか「しあ
わせ」なんて主観的なものを他者が提供できるかというと、
そんなことはありえません。
 
場合によっては意思の疎通もできない被援助者に対して、
「しあわせ」を提供するなんて、ある意味、思いあがりで
すよね。
 
それでは英語で見てみましょう。
「福祉」を英訳すると「welfare」という言葉が当てはまり
ます。
 
この「welfare」という言葉は造語であって、「well=よく」
という言葉と「fare=生きる」という言葉が合わさってでき
た言葉です。
 
単純に、「よく生きる」という意味になりますが、では、
「よりよい生きかた」とは何でしょう。
「よい」という言葉は非常に抽象的で、議論が大きく分かれ
るところだと思われます。
 

私見ということで、残念ながら解答はありません

 
福祉というものがそれだけ新しい概念であり、議論されて
こなかったということではないかと思われます。
みなさんで考えて、自分なりの「福祉論」を持ってみては…
自分は「福祉」とは「感じること」だと思っています。
 
相手の声に耳を傾け、時としては声にならない声に耳を傾
けていくこと。
 
何を求めているのか、何が必要なのか、何が苦痛なのか。
それを解決するための行動ではなく、理解し、何ができる
かにつなげていくことではないでしょうか。
 
そこに至るまでのプロセスを含めたものが「福祉」です。
みなさんが何気なく訪問しているお宅にもサービスを依頼
するに至るまでの様々なプロセスがあり、なぜ必要になっ
たのかはそれぞれの事情が異なります。
 
掃除や食事を作ることがケアなのではなく、利用者にとって
何が必要なのかを理解していくことだと思います。
 
あくまで私見ですが、弱者救済との違い、勘違いしている
人がいるかもしれませんが、「福祉」とは「弱者救済」で
はありません。
 
相手が「弱者」だからサービスを提供しているのではなく、
その人にとってサービスが必要だからサービスを提供する
ということです。
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ