暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

『 辛い痛みから開放 !、驚異のタッチ・ケア!! 』

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

 

 

 

 

辛い痛みから開放 驚異タッチ・ケア

 

テレビ(NHK)でも紹介された"タッチ・ケア”を

ご存知でしょうか

 

体に数分ほど触れるだけで、辛い痛みから

開放されるとの事でした。

 

 

 

 

 

これは、赤ちゃんや親子関係にも影響が

ある事が実証されているとの事です。

 

1465968994zXdq00nAoCg6TiX1465968993

 

その概要はというと...。

 

1992年米国マイアミ大学内に設立された

タッチリサーチ研究所

TRI:Touch Research Institute、フロリダ

ティファニー・フィールド博士によってアメリカで確立。

 

アジア・オセアニアなど世界20か国以上

赤ちゃんが、医師・助産師・看護師

 

そしてお母さん、お父さんからその手技を受けており

日本でも本格的な普及活動が始まっています。

 

赤ちゃんと親の心と体がふれあうことにより

親子のきずなを深めることの大切さを唱える

コンセプトのことです。

 

具体的には、赤ちゃんと親が、見つめ合い

語りかけながら赤ちゃんの素肌に

 

しっかりふれる」「なでる」「少し圧をかけながら

マッサージする」「手足を曲げ伸ばしするなどの

手技を行います。これにより

 

赤ちゃんの情緒が安定し

 

ストレスホルモンが減少することなどが

証明されています(効果とデータ)。

 

また、同時に親への効果も確認されています。
赤ちゃんは、人間として大事なことです。

 

人のやさしさ」「あたたかさ」「人間に対する信頼感

などの基本を、はじめはお母さんをとおして

肌で感じ取っていき、人への信頼感を身につける

と言われており

 

生まれてから初期のかかわりがとても大切です。

 

タッチケアは、親子のきずなを深めるための

"かかわりの技法"なのです。

 

日本タッチ・ケア協会資料から抜粋

 

タッチ・ケアの効果の正体は

"オキシトシン”という

 

ハッピーホルモンである事が

テレビで紹介されてました。

 

その中で、女性で元看護師

の方が、VTRに出演されていて

 

7年近くも"リウマチ”で悩まされ

いろんな病院に通院しても

 

いろんな"痛み止め”を飲んでも

効果なしと、諦められていたそうです。

 

ところが、タッチ・ケアに出会って

これを試したところ

 

"辛い痛み”から開放されたとの

事でした。

涙ぐんでいらっしゃいました

 

やり方は簡単!、分ほど

背中をゆっくり擦って

もらうだけです

 

"認知症”の方もVTRで紹介されていて

タッチ・ケア」を始める前の状態は

 

うるさい触るななどの"暴言”を

娘さんに吐き、怒鳴りちらし

あっちこっち徘徊して回ったり

 

本当に、手がつけられない

状態でした...。

 

それが、どうでしょう

 

タッチ・ケアを続けたところ

"暴言”や"徘徊”がなくなって

いました。

 

本人もVTRでしっかりとした

口調で、穏やかに話されてました。

 

スゴイですね

 

  NHK ためしてガッテン

ただし、病気自体を根本から治す

ものではありませんが

 

いろいろな"症状の改善”が

期待できるとの事で

 

"被災地”でも不安などを取り除く

などの「実績」があるそうです。

 

家族や友達同士で

お互い、やってみて

 

その効果を確認するのも

いいですね

 

皆さん、早速...やってみましょう   

 

暮らしのカレンダーTOPページへ

 

 簡単な晩ご飯レシピを紹介しています 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ