暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

『 ミツバチの危機!! 』

読了までの目安時間:約 7分

 

 

 

 

 

ミツバチの危機

 

※ 今、“ミツバチ”が危機に瀕して

  いるってごぞんじですか

 

  人の生活に「蜂蜜、ローヤル・ゼリー、蜜蝋

  プロポリス天然の抗生物質)」...など

 

 

 

 

 

 

 

  さまざまなものを利用してきた私たちにとって

  大変な“問題”が生じています。

 

  プロポリスの効能

 

 古くはエジプトのミイラを保存する際に

  プロポリスを塗っていたとされています。

  (殺菌効果と腐敗防止

 

 クレオパトラ女王は病気とアンチエイジング

  として愛用していました。

 

 古代ギリシャでは、戦地で戦う兵士の

  切り傷、感染症、炎症、皮膚病・・・など

  さまざな病気に対処する為

  兵士の“常備薬”として重宝されました。

 

南米のインカ族は発熱などの“感染症”に

 

 中国では、漢方薬を扱った古書に

  「蜂の巣にある黒い油を“不治の病

  に使う」

  などの記述があります。

 

 18世紀までは“ペニシリン”ができるまでの

  代用として..。

 

 20世紀からは「がん細胞の増殖阻止

  死滅」など

  いろいろと注目されるようになりました。

 

1461648803BdLKhYun1YR9TMW1461648802

 

  それが、今や・・・

 

   ミツバチの危機 』・・・

 

  詳しい概要は次のようになります。


 帰巣本能が高いミツバチの群れが

 突如として消失する奇妙な現象が

 世界で頻発している。

 

 農薬やストレスなどさまざまな原因が

 指摘されるが、決め手はなく

 養蜂業のミステリーともなっている。

 

 巣箱がもぬけの殻になってしまうケースも

 少なくなく、米国では廃業の危機に陥る

 養蜂業者が続出。

 

 ミツバチは植物の受粉で重要な役割を

 果たすだけに

 農業と食の深刻な危機が懸念されている。


   米は1年で4割消失  
◆ 不思議な現象が初めて報告されたのは
  2006年秋の米国でだった。

 

◆ 数人の養蜂業者が巣箱からほとんどミツバチが
  いなくなっていることに気づいた。

 

◆ 逃げたハチの死体は巣箱にも
  周辺にも見つからず、女王バチや
  生まれて間もないハチは置き去りにされていた。

 

◆ ミツバチは帰巣本能が高い上に普通は
  巣を外敵の攻撃から集団で必死で守ろうとする。

 

◆ ミツバチが巣に近づく人間などを敵と
  みなして襲い、毒針で刺すのもそのためだ。

 

 それなのに大事な巣箱と“家族”
  捨て逃げてしまった。

 

● 米国で「野生種のミツバチの個数が減少している

 

  との指摘は出ていた。

 

● 飼育されるミツバチの大群が巣箱から
  突如消失してしまう現象が
  米国各地で多発していることも分かった。

 

● 「蜂群崩壊症候群」との名称が次第に定着した。

 

 米農務省が今年5月13日に発表した
  調査結果が業界や市場に衝撃を与えた。

 

● 米国内のミツバチの群れが4月までの1年間で
  42・1%消失したというのだ。

 

 これは2年前の45・2%に次ぐ高水準だった。

 

 そして、米農務省が今年5月13日に
  発表した調査結果が業界や市場に衝撃を与えた。

 

● 米国内のミツバチの群れが4月までの1年間で
  42・1%消失したというのだ。

 

 これは2年前の45・2%に次ぐ高水準だった。 

 

  

 

料理画像2

 

 原因は 

 

 ミツバチは食物として花に依存しているが

  農業形態や気候の大きな変化により

  利用できる花の種類や数が少なくなっている

  との事です。

◆ 出典ミツバチ減少の理由は

  そんなに単純な話ではないらしい

◆ "ネオニコチノイド系の殺虫剤

  稲につくカメムシやアブラムシ

  かんきつ類につく蛾などの駆除に

  使われています。

 植物に残留,あるいはハチの付近で拡散し

  ハチにストレスを与えている可能性が

  あるとして論議を呼んでいます"

 

● 要は、働きハチが“”に帰れなくなって

  しまっているって事です

 人間の“環境破壊”が本当の原因

     じゃないかなって思ってます

 

  しゃべくりのblog

ngmTDQngUBZdKyM1464851063

       簡単な晩ご飯料理レシピを紹介しています。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ