暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

『 マヤ文明、新たに都市発見!! 』

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

 

マヤ文明、新たに都市発見

 カナダの15歳少年、ウィリアム・ガドゥリ君が

    マヤ文明の失われた古代都市を新たに

    発見したとのニュースが飛び込んできました

 

 

 

 

 ニュースの概要はと言うと...

 

専門家をしのぐ発想で星図と衛星写真を

比較して、探り当てたのだ。

 

メキシコのジャングルで見つかった

都市遺跡は

 

マヤ文明で4番目の規模のものとされる。

 

ケベック州サンジャン・ド・マタ出身の15歳は

この古代都市を火の口と名付けた。

 

 Yahoo!ニュースより抜粋

 

  こりゃ~久々の大発見ですよ  

 

15歳ですよ、15歳....。

 

皆さんは15歳の時、どうしてました

 

私は、学校の友人との事を

してました....。

1463022990izVKsHK83gyAa5N1463022989

 

ウィリアム君は幼いころから

マヤ文明に夢中だった。

 

2012年に世界が終るというマヤ暦の

予告に興味を持ったのがきっかけだった。

 

趣味はやがて真面目な研究へと転じた。

 

想像力豊かな少年は

マヤ文明の都市の位置が

 

マヤの星座に対応しているかもしれないと

仮説を立てた。

 

マドリード絵文書と呼ばれる古文書から

22のマヤ星図を分析し、星の位置を

 

グーグル―・アースが撮影した

ユカタン半島の

衛星写真に重ね合わせてみた。

 

その結果、117のマヤの都市は

確かに星の位置に一致しており

 

特に明るい星の場所に

大きい都市があることも分かった。

 

   (Yahoo!ニュースより抜粋

 他の記事からも抜粋してみました

ウィリアム君は次に、23番目の星座を

衛星写真に重ねてみたところ

不一致に気づいた。

 

恒星は3つあるが、古代都市が

2つしかなかったのだ。

 

3つ目の星の位置にあたる場所は

メキシコとベリーズ国境上だった。

 

ウィリアム君はさらに、2005年以降の

衛星写真や構造物の痕跡がないか

インターネットで探し回った。

 

2005年にはこの地域で火事があり

地表が今以上にあらわになっていたからだ。

 

集めた写真の数々を携え

ウィリアム君はニュー・ブランズウィック大学の

遠隔測定専門家、アルマン・ラロック博士と

共同作業を開始した。

 

衛星写真を調べ、デジタル・イメージ技術を

応用することで2人は見事な結論にたどりついた。

 

ラロック博士は、ウィリアム君が発見したのは

 

30の建築物と高さ86メートル

ピラミッドからなる主要都市だと

証明することに成功したのだ。

 

 ウィリアム君の業績はほぼ間違いなく

    歴史に刻まれるそうです。

 

          研究内容は、近く科学誌に

          掲載される予定で

 

          似た手法を使えば

          失われたマヤの古代都市

 

          ほかにも見つかるだろうと

          期待されているそうです 

 

 今後の調査結果が楽しみです

 

20160511nmaya3


暮らしのカレンダーTOPページへ

    ngmTDQngUBZdKyM1464851063

 簡単な晩ご飯料理レシピを紹介しています。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ