暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

『 食料ロス、なんと日本は…642万トン!! 』

読了までの目安時間:約 9分

 

 

 

 

 

 

食料ロス、なんと日本は 642万トン

 皆さん、日本が1年間に廃棄処分する食料は

    642万トンって知ってましたか~

 

          自分もテレビのニュース等で見て、びっくり 

          まアー日本は、結構多いだろうと予測してましたが

          これほどまでとは...。

 

           その実態はというと...。

 

 

 

 

 

国内で売れ残りや食べ残しによって食品が

642万トン。

捨てられる食品ロスの量です。

平成25年度推計

 

実に世界全体の食料援助量

およそ2倍に相当します。

 

食品ロスの削減は、単に食べ物がもったいない

ということにとどまらず、企業にとってはコスト削減

家庭にとってはむだな支出を抑えることに

つながる大事な問題です。

 

NHK/NEWS・WEB 記事参考

 

 世界中からの全食料援助量(貧困国など)の

    2倍も捨ててるなんて...。

 

1469759136jsuPHyoi2TQ7f_h1469759135

 

        日本という国....

 

        な、な、なんてこった~~

 

 日本は、世界でも最も“衛生的な

         環境”にあるので

         果物でも野菜でも“キズもの”は

         売れないし、賞味期限を越えた

         食品は廃棄されるし....。

 

    スーパーやコンビニエンスストアなどの

    店頭に並ぶ“野菜や果物”とか

    ずらりと沢山、並んだお弁当類...。

 

    美しい店頭とは裏腹に

    食品メーカーやレストラン

    家庭の冷蔵庫からはまだ食べられるのに

    大量の食品が捨てられている状態です。

 

最新ガチャ系1

 

     ん~~っ、確かに 

 

           ノーベル平和賞のワンガリ・マータイさん

           の言うとうりです...。

 

1469761387BKBgi0MI4cQyTRx1469761386

 

   なぜ、まだ食べられる食品が捨てられる

     ことになるのか

 

 

         その原因を自分なりに調べてみました。

 

            

           大きな要因のひとつに日本の商慣習が

           あることが判りました...。

 

           その慣習とは、3分の1ルール

           呼ばれるものです。

 

           主に加工食品に適用される

           ルールの事です。

 

           どんなルールかといいますと

        製造日から賞味期限までの

           期間を3等分し最初の3分の1の

           期間までに、メーカーや卸売り業者は

           小売り店に納品するというものです。

 

           例えば、賞味期限まで6か月の食品が

           あったとします。

 

            3分の1である製造から2か月の期限

            超えてしまうと、メーカーや卸売り業者は

            小売り店に納品できなくなるので

            しかたなく廃棄することになるそうです。

 

            小売り店でも、次の3分の1である

            4か月の期間までに消費者に

            販売できなければ廃棄するとの事...。

 

            賞味期限までまだ、充分期間はあるのに

            売れなくなるタイミングが

            「2回」あるということらしいです。
            もったいないので捨てるぐらいだったら

            安く買うことはできないのかといった

 

            消費者の意見が多数寄せられている事から

            このような要望に応えた通販サイトがあります。

 

            このサイトでは加工食品を中心に

            5割から9割引きの値段で販売されています。

 

            激安ともいえる価格設定の理由は

            賞味期限が近づいた商品などが

            売られているためらしいです。

 

        自分もよく利用してますよ

 


      驚安の殿堂 ドン・キホーテ 

 

    賞味期限が近につれて

         どんどん、値引きされます...。

 

               賞味期限が「その日」までぐらいになると

               カップ・ラーメンが

               な、なっ、なんと5円~~

              (店舗によって違いあり

               なんて時もあります。     

 

               当然、10個、20個買う訳ですよ...。

 

               まアー、多少賞味期限が過ぎたとしても

              “生もの"じゃないんで

 

           だ・い・じょう・ぶい~~っ!!

                >>>(アリナミンみたいですね...。

 

1469762378j1rOD8yFBV96fd81469762377

 

 いつもお世話になってます

 

   いやア~ほんと、助かってますよ~

 

   ただし、ただしですよ...。

 

一般的には、食品メーカーはいくら

賞味期限が近づいたからといっても

値下げして販売したいとは思いません。

 

値下げして食品を販売すると、通常

スーパーなどで売っている食品の価格にも

価格下落の圧力がかかり

ブランドイメージも低下してしまいます。

 

メーカーが“自発的”にはやりたいこと

ではありません。

 

        でも、やっぱり「モ・ッ・タ・イ・ナ・イ

        精神で自分達、消費者が

        努めてそういう物を買う...。

 

 そーいう企業を高く評価する...。

 

   そういう事がとても大事なんじゃないかと

         自分は、そう考えますねー

 

  皆さんは、いかがでしょうか

 

暮らしのカレンダーTOPページへもどる

 

         しゃべくりのblog

 

 ngmTDQngUBZdKyM1464851063

    簡単な晩ご飯レシピを紹介しています 

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ