暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

ビヤホールとビヤガーデンの違いは?

読了までの目安時間:約 3分

ビヤホールとビヤガーデン、どう違うの?

ビヤガーデンの定義は「屋外」であることと「ジョッキ」を
使用することと全体にワイワイ元気に騒ぎながら飲むのが、
なんとなくビヤガーデンの楽しみといった感じ。

「ビールは飲みたいけどあんまりうるさいのはいや。
ちょっとだけ落ち着いて飲みたい」・・・とそんな時、
人はみなビヤホールに向かうのではないでしょうか。

 

決めつけてしまいましたが、案外そうじゃありませんか?
この「落ち着いて飲む」というところこそビヤホールの
定義&醍醐味という気がするのですが。

 

ビヤホール、発祥は大阪アサヒビールだそうで

店名を「ビヤホール」とするする前は「ビヤサロン」
という呼び方に決定していたとか。

しかし、イギリス人宣教師が、当時の横浜ではいかがわし
い店をサロンと呼んでいたことを指摘し「ビヤホール」に
変更したのだそうです。

ビヤホールのビールはおいしいの?

そうなのだ、ビヤホールのビールはおいしいのだ。
素人が注いだ泡だらけのビヤガーデンのビール(ごめん)とは
ここが大きく違う。

ビヤホールには注ぎのプロフェッショナルがいて、間違い
のない技術でもって最高の状態の生ビールを飲ませてくれる。
そんなイメージがあります。

飲んでいる人も、ジョッキをガチャガチャぶつけて声を張
り上げカンパ~イ・・・ではなく、じっくり落ち着いて
ビールのおいしさを楽しむという人が多いように思います。

大人の店という感じで、ワイワイ騒ぐのでではなく美味しい
ビールとちょっと手の込んだ料理を出してくれて、ビール通
には大人気だったそうです。

ビヤホールは屋内でビール注ぎのプロがいて、どことなく
大人っぽくビールがおいしい感じで、ビヤガーデンは
ビールの味は問わないがワイワイ元気に楽しめる憩いの
場所という感じでひとまず納得?

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ