暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

ラグビー オールブラックのハカ知ってますか?

読了までの目安時間:約 5分

ラグビー オールブラックのハカ

 
本来はマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴
らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊です。
 
現在では国賓や海外からの渡航者を歓迎する舞として披露
されるほか、ラグビーニュージーランド代表(オールブラ
ックス)が国際試合前に舞う民族舞踊として有名です。
 
英語で「ウォークライ(War Cry(闘いの雄叫び、日本語で
「鬨ときの声」)と呼ばれるそうです。
 
ニュージーランドでは一般的な民族舞踊であり、現在では
相手に対し敬意や感謝の意を表する舞として披露されること
から、結婚式、葬儀、卒業式、開会式、歓迎式典など、あら
ゆる場面で目にする機会が多いく、死者の御霊を供養し哀悼
の意を表す形として葬儀でハカを舞うこともあるそうです。
 

マオリの伝説によると太陽神タマ・ヌイ=テ=ラ

夏の女神のヒネ=ラウマティと冬の女神のヒネ=タクルアがい
て、ヒネ=ラウマティの産んだ息子、タネ=ロレが踊りを作り
出したとされているそうです。
 
伝承によるとラグビーニュージーランド代表(オールブラ
ックス)のハカ、カマテは1810年にンガティトア部族長の
テ・ラウパラハ(英語版)が踊ったもので、テ・ラウパラハ
は敵に追われて、地下の食料庫に逃げ込み隠れていたという
話も。
 
這い出してみると目の前に人がおり、殺されると観念した
が、幸運なことにテ・ラウパラハと親しい部族の長であった
ため殺さずに済んだそうです。
 
救出された喜びと感謝の気持ちを込めて踊ったものがカマテ
であり、1905年のイギリス遠征の際にオールブラックスが
戦いの踊りの要素を取り入れたものを初めて踊り、以後代表
チームに受け継がれることとなったそうです。
 
試合前にハカを舞う意味は、オールブラックスはこの対戦を
受け入れ、対戦を望んでくれたチームに対し敬意を表する意
が込められ、ハカを先導するリードは伝統的にマオリ族の血
筋を引く選手が行っているそうです。
 
元オールブラックスのタナ・ウマガはサモア系移民であり、
偉大なオールブラックスキャプテンとして迎えられたため特
例としてリードを任されたようです。
 
ウマガの後、伝統的な慣例が守られない時期もあったが、
ピリ・ウィプー(2011年から2013年)、リアム・メッサ
ム(元・ニュージーランド・マオリ(現・マオリ・オール
ブラックス)キャプテン)がリードを務めているそうです。
 
また、トンガ代表はシピタウ(英語版)、サモア代表はシ
ヴァタウ(英語版)、フィジー代表はシビ(Cibi)とパシ
フィック・アイランドのチームにもそれぞれのウォークラ
イが存在し、3カ国選抜チームのパシフィックアイランダ
ーズも独自のウォークライを持っているそうです。
 
ラグビーワールドカップ2003では、オールブラックスの
ハカの最中に、興奮した対戦相手のトンガ代表が対抗して
シピタウを行い「ハカ・バトル」として話題となった。
 
試合前の取り決めでは互いを尊重しオールブラックスのハ
カが終わってからトンガがシピタウを行うとしていたが、
試合前の異様な盛り上がりとオールブラックスのハカに
トンガ代表が刺激されハカ合戦に発展した。
 
2005年8月28日、
トライネイションズの対南アフリカ戦において、新しい
ハカ、カパ・オ・パンゴ(Kapa o Pango)が突如披露さ
れた。このハカは、終幕に首を切るようなジェスチャーが
含まれ問題視されたが、オールブラックスから「相手の首
を切る挑発的な意味ではなく、自らの首をかけて戦う意気
込みを示すもの」との趣旨の説明があるなど議論が重ねら
れ、現在では、首を切るジェスチャーが維持されているそ
うです。
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ