暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

国民の祝日である「みどりの日」の由来?

読了までの目安時間:約 4分

5月4日は国民の祝日である「みどりの日」の由来調べてみました

このみどりの日なんですが、その親しみやすい名称とは裏腹に非常に多くの問題を含んだ祝日で、ゴールデンウィークを構成するためだけに存在している、と言っても過言ではないようです。

 

みどりの日とは?成立の過程とその後の経緯?

現在みどりの日は5月4日ですが2007年までは4月29日でした。そしてこの4月29日というのは、もともと昭和天皇のお誕生日である天皇誕生日だったのですが昭和天皇の崩御(天皇がお亡くなりになること)のあと昭和天皇を偲び、激動の昭和を忘れないため、政府はこの日を
祝日として残すことを決め、本来ならその趣旨に沿うように「昭和記念日」「昭和の日」とすべきなのですが、なぜか政府はその祝日を「みどりの日」という名称にしたそうです。
 
しかしその後、やはり本来の意味である「昭和の日」に名称を変更すべきだという声が大きくなってきたために、2007年に「みどりの日」から「昭和の日」へと変更されましたがそのまま5月4日へと移動になったそうです。

 

みどりの日とは?その本当の意味と問題点

4月29日を祝日として残すその本来の目的というのはあくまでも「昭和天皇の御功績を称え、記念するものである」というのが、当初の政府の説明でしたが、「みどりの日」という名称にしても、昭和天皇が大変自然を愛されたことに由来すると言っていたので「みどりの日」の趣旨というのは「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」という昭和天皇と全く関係の無いものでしかありませんでした。

 

政府が最も危惧していたのは「4月29日が平日になること」だったようで、天皇が崩御されたのが1月7日で、法案成立が2月25日、まるで迫り来るゴールデンウィークに追われるように、早急にみどりの日が成立したようです。
 
本当は4月29日を祝日にするのは昭和天皇の偲ぶためというのは、あくまでも建前でしかなく「ゴールデンウィークの存続」こそが政府にとって最も大切なことだったようです。
 
この4月29日を祝日として残すのは、GWの入り口としてのためなのか、それとも昭和天皇を偲ぶためのものなのか、もし後者であるなら、なぜ「昭和の日」としないのかという国会内での質問に対し、当時官房長官であった小渕恵三氏は「みどりの日ということで、国民の皆さんの気持ちとして昭和天皇を偲ばれるということであるのならば尊いことだと思う」と訳の分からない答弁をし、そして次のようにも発言したそうです。
 
5月4日という日には何の意味もない、ただGWにポッカリと開いた穴。その穴を埋めるためだけに成立させた「国民の休日」その「国民の休日」の代わりに代用された「みどりの日」そんなもので「自然に感謝して、豊かな心をはぐくみましょう」だなんて、誰が心から祝うというのでしょうか。
「国民の休日」を祝う国民はいないのではないでしょうか?。

「みどりの日」という偽りの祝日など、昭和の日だけではなく国民の祝日全体の価値さえ貶めかねない。
私はこの観点からもその日1日ごとに名前を付けなくてもいいと思います。

そしてそんなにゴールデンウィークが日本の歴史や文化よりも大切だと言うのなら「国民の休日」「リフレッシュ休暇」などにすればいいだけなのではないでしょうか?

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ