暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

料理に使うスプーンの量知ってますか?

読了までの目安時間:約 3分

 

何気なく使っているスプーンの量

 
いつも料理に使っているスプーン、何気なく大さじ1とか
小さじ1とか言って使ってますが、スプーンにも量があり
ます。
 
大さじ1=約15cc(ml)
小さじ1=約5㏄(ml)
米1合=約180㏄(180ml)
となります、あとはご家庭の味に調整するだけです。
 

アメリカの計量スプーンについて

 
「え? 計量カップとかスプーンなんて同じでしょ??」
……と思われる方もいるかもしれませんが、
まずは「計量スプーン」から見ていきましょう。
 
計量スプーンを英語では?
計量スプーン
a measuring spoon
大さじ
a tablespoon
小さじ
a teaspoon
まず、計量スプーンは英語で「a measuring spoon」と
言います。
 
大さじは「テーブルスプーン (a tablespoon)」と言いい
レシピでは「T (Tbsp, tbsp)」で表記されています。
小さじは「ティースプーン (a teaspoon)」と呼び、表記で
はよく「t (tsp)」で使われています。
 

計量スプーンの量は日本と同じ

 
上で見たように、英語表記はいくつか種類がありますが、
大事なのは大きな「テーブルスプーン」と小さな「ティー
スプーン」という名前ですね。
 
それさえおぼえていれば、表記もわかると思います。
そして肝心の量ですが、なんと日本と同じで
大さじ = 15ミリリットル
小さじ = 5ミリリットル
……です。
 
日本とアメリカの単位は、重さの単位(ポンドとオンス)
がややこしいとか、長さの単位(インチとフィートとヤー
ドとマイル)がややこしいとかいろいろと紹介しました。
その中で、初めて共通の量(液量)です。
 
1つでも共通なのがあってホッとしますね。
それに、日本から持ってきた計量スプーンも気にすること
なく使えます。
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ