暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

春の季語のひとつでもある潮干狩り

読了までの目安時間:約 3分

潮干狩りの時期はいつ?

春の季語のひとつでもある潮干狩り。
ゴールデンウィークのレジャーに検討している方もいるの

ではないでしょうか。
家族でワイワイいいながら貝を掘り起こして一緒に砂抜き

したり料理したりとやって楽しい、食べて楽しいレジャー
ですね!

潮干狩りと言えば、GW時期のイメージが漠然とある方も
多いですが、全国的に見ると、月中旬から6月上旬にかけて
が潮干狩りのシーズンと言われています。

7月頃になると、貝たちは産卵期に入りますので、GWである
5月は最盛期であると言えますね。産卵期に入る前の春は、
産卵に備えて栄養をたっぷりとってまるまると太った貝を採る
ことができます。

 

また、春と夏は一番潮が引く度合いが大きく、潮が引く
時間帯が昼間に当たりやすい時期なので、潮干狩りがしやすい
というのもこの時期がシーズンと言われる理由の一つです。

どういった日だといっぱい採れるの?

良い時期の中でも、具体的にどういった日がいっぱい採
れるのでしょうか?

 

正直なところ、潮干狩り場として名だたる所は、誰でも収穫
できるように開場前に予め貝を放しているんで、シーズン中
であれば大差はありませんこうした所ではない、いわゆる
本格的な潮干狩りをする場合には、ちょうど昼から夕方に

かけて3~4時間潮が引き、気温も水温も上がっている時間帯
これが潮干狩りに出かけるのがベストな時間だそうです。

 

地域によって干潮・満潮の時間が若干異なっているので、
潮汐表や潮見表で時間を調べて行くと、長い時間ゆっくりと
潮干狩りを楽しめます。

 

一番潮が引く時間の2時間前くらいから潮干狩りを始めるのが、
長い時間潮干狩りを楽しむコツだそうです
春とはいえ、海は日差しを遮る建物が何もなくて長時間直射日光を
浴び続けると体力を消耗します。

帽子を被ったり、首にタオルを巻くなどの対策やナトリウムを
含んだ飲み物などもは必要です。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ