暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

梅雨(ばいう?つゆ?)

読了までの目安時間:約 2分

 

梅雨(ばいう、つゆとも呼ばれます)

 
日本の春から夏に移る時期に本州,四国,九州,沖縄地方でみられる雨の季節。

 

統計では,梅雨入りは沖縄地方が 5月8日で,しだいに北上し,東北北部が 6月12日頃でこれは暦の雑節の一つである入梅(太陽が黄経 80°を通過する日)とも符合するそうです。

 

春から夏への季節の変わり目に東アジアから東南アジアにかけてみられる長雨や曇天。
太陽が黄経80度を通る日が暦の上の入梅で、気象上の梅雨入りは、南西諸島で5月中旬、南九州で6月初め、西日本から東北地方にかけては6月上旬から中旬頃だそうです。

 

本州南岸では、オホーツク海高気圧からの冷湿な北東風(やませ)

太平洋高気圧からの暖湿な南寄りの風が衝突して、梅雨前線が停滞します。

やませが吹き続けると、低温・日照不足・梅雨寒(つゆざむ)をもたらし
7月中旬から下旬にかけて太平洋高気圧の勢力が強まると梅雨前線が北上または消滅して梅雨明けとなります。

 

梅雨明け後に再び前線ができる場合が戻り梅雨。梅雨のない北海道では

年によっては、えぞ梅雨という梅雨に似た現象が現れ菜の花が咲く3月中旬から4月にかけての長雨が菜種梅雨(なたねづゆ)で、春霖(しゅんりん)とも呼ぶことも。

 

この頃の雨が春雨(はるさめ)、梅雨入り前の長雨が走り梅雨。
8月後半から10月にかけて現れやすい長雨は秋雨(あきさめ)で、秋霖(しゅうりん)。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ