暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

汗かきに朗報!食べ物で発汗を抑える事ができるらしい?

読了までの目安時間:約 4分

 

汗かきに朗報!食べ物で発汗を抑える事ができるらしい?

人間にとって発汗は必要な現象ですが、この季節は男女問
わずシャツじみとか気になりますよね。

食べ物から汗を抑えてカラッと爽やかに脇をみせつけてや
りましょう。

暑い時、辛いものを食べた時、緊張した時など、私たちは
汗をかきますが、これは交感神経の働きによるもの。

人間の身体は自律神経系、つまり、交感神経と副交感神経
によってコントロールされています。車で例えると、アク
セルが交感神経、ブレーキが副交感神経です。

本来は汗をかかなくてもいい、体温コントロールをする必
要のない場面でも汗をかく多汗症というのは、アクセル踏
みっぱなしの状態となっている交感神経の異常です。

ちなみに、緊張すると汗をかくのも、自律神経系の乱れか
ら、顔が硬直し、顔が真っ赤になる「あがり症」も同様と
なります。

【汗を抑える食品】

大豆製品(納豆、豆腐、油揚げや豆乳など)
イソフラボンは発汗作用に効果があります。イソフラボン
が多く含まれている食品と言えば、大豆製品です。

豆腐・納豆・味噌・豆乳などの大豆製品を積極的に取り入
れることは、手汗対策に有効と言えます。

汗を抑えるものとしてリラックス=副交感神経を優位にす
る効果のあるハーブも取り入れるといいでしょう。

ラベンダーやローズ、ジャスミンなどがそれにあたります。
ハーブティーを飲んだり、入浴剤やアロマオイルで香りを
楽しむのもOKだそうです。

クールベジとは、クールベジタブルの略語で、体を冷やす
野菜のことを意味するそうです。

体内の余分な熱を逃してくれるカリウムが多く含まれてい
る野菜を食べることで、熱がこもらない体を作る手助けを
してくれます。

きゅうりやトマト、ナス、ゴーヤなどを積極的に食べるよ
うにしましょう。

女性ホルモン食品(大葉、もやし、アボカドなど)
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする「植物性エス
トロゲン」を含んでいるため、自律神経系を整える役割をし
てくれるのが「大葉」や「もやし」「アボカド」など。

特にアボカドは、食物繊維も大量に含有しているので、女性
にはオススメ。

そのほか、副腎から分泌されるホルモン「DHEA」の成分を含
む山芋も、自律神経系の調節には効果が期待できます。

【発汗を促してしまう食品】

刺激の強い料理(タイ料理、韓国料理など)
多汗は、交感神経が働きすぎるために起こります。それゆえ、
交感神経をさらに活発にする刺激の強い食品は避けましょう。

辛いものだけでなく、酸っぱすぎたり、甘すぎるなどの味の
濃いものも避けましょう。

タイ料理はその典型で、カフェイン(コーヒー、お茶、栄養
ドリンクなど)飲み物に目を向けた場合、コーヒーやお茶な
どに含まれるフェインも汗腺を刺激することになります。

実は栄養ドリンクにもカフェインが含まれている場合があり
ます。

肥満に繋がりそうな食べ物(乳製品や脂肪分の多い肉類、揚
げものなど)

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ