暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

知らなかった!「君が代」本当の意味

読了までの目安時間:約 2分

「君が代」の意味

「君が代」は、時代の流れによって歌の意味が変わって
きました。

古今和歌集ができた平安時代では、女性が男性に送った
恋文だとされています。

古今和歌集では

「君が代は」の部分が「我君は」となって
おり、「我君」とは女性が男性を呼ぶときの言い方なのだ
そうです。

 

そして、時が流れるにつれて恋文であった「君が代」は、
天皇陛下を称える歌という認識に変わっていきました。

日本は天皇陛下を中心に続いてきた国で、日本ほど歴史の
長い王国は他にはありません。
そして、これほど長く日本を守ってきた天皇陛下に敬意を
払うといった意味での「君が代」になったそうです。

今の歌詞のままでは女性しか歌うことができないので
「我君は」を「君が代は」に変え、性別関係なく歌える歌に
なったそうです。

 

「君」は天皇陛下を表し、天皇陛下の世が永遠に続きます
ようにという意味になりますね。

 

「君が代」の現代訳数ある解釈がありますが、どの解釈でも
「君が代」は平和を願う歌になります。

 

現代風に訳した歌詞が大まかに訳すとこちらになるそうです。
私たち(天皇)の世が時代を超えて千年、万年と永遠に結束し、
協力し合い固い絆を結びついて行きましょう。
と云うみたいです。

 

私たちの国歌「君が代」は、とても素敵な歌だと思いませんか?

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ