暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

5月の第2日曜日は「母の日」、6月の第3日曜日は「父の日」

読了までの目安時間:約 2分

6月の第3日曜日は「父の日」です。

この日は、日頃はなかなか伝えられない父母への感謝の気持を伝えるよいチャンス。

 

もともと両日とも、お母さんやお父さんに感謝する娘の気持ちから生まれた記念日だそうです。
「母の日」に比べて影の薄い「父の日」ですが、この「父の日」もアメリカで生まれ、アメリカのジョン・ブルース・ドット夫人(ソノラ・スマート・ドット)が、南北戦争後、男手ひとつで6人の子を育ててくれた父への感謝の気持ちを表すため、「母の日のように父の日もあるべき」と1909年ごろから活動し、1972年にアメリカ国民の祝日になったみたいです。

 

ドット夫人が父の墓前に白いバラを供えたことから、アメリカではお父さんへバラを贈るのが習わしだったそうでその後、「父の日」は日本へも伝わり、1980年代ごろから広がっていき、1981年に設立された「FDC日本ファーザーズ・デイ委員会」では、父の日には「黄色いリボン」を送ろうという活動をしています。

 

「黄色」は古来、イギリスで身を守る色といわれ、アメリカに伝わると
「愛する人の無事を願う黄色いリボン」として定着していったそうです。
そこで、お父さんへの感謝の気持ちを、黄色いリボンに込めて伝えましょうという活動も始められています。

 

1931年(昭和6年)には、皇太后の誕生日である3月6日が「母の日」とななったそうで、1937年(昭和12年)森永製菓などが普及活動を展開し、全国的に広がり始めましたが、戦争により、それどころではない時代になり、終戦後1947年(昭和22年)公式に5月の第2日曜日が「母の日」となったようです。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ