暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

6月に祝日がないのはどうして?

読了までの目安時間:約 2分

6月に祝日がないのはどうして?

祝日はどうやって決まってるの?
そもそも、祝日って、どこで誰が決めているかご存知ですか?

それは、国民の祝日に関する法律、通称「祝日法」っていうの
があって、この法律で、祝日は決められているんです。
 
その法律を決めているのは、国会議員のお偉いさんたち。
 
<h3>なんで、6月には祝日を作らなかったの?</h3>
6月には、国民の記念日になる日がないから祝日は、基本的に、
天皇の誕生日とか、天皇に関わりのある日なんです。
 
バブル期の頃になると、「日本人、働きすぎだし、そろそろ
休もう。」ということで、祝日を増やしたそうですが、それ
でも、6月には特に何もない。。。
 
そうは言っても、2016年から施行された、8月11日の
「山の日」は、当初、6月が有力候補だったそうです!

それがなんで、8月になったのかというと、下のような、
反対意見が出たからで山に登りたくても、積雪している地域
もある、学校の休みの日が増える、学校を休ませたくない
理由は、ずばり、ゆとり教育での、学力低下が問題視された
からで、世界でも、トップクラスの学歴だったのに、一時転
落して、今は巻き戻してきているところ。
 
でも、祝日を作ってしまうと、授業時間が減る

また学力低下に!?どうしよう?

そうだ!学校が夏休み中だったら、問題ないのでは?
というワケで、「山の日」は、6月じゃなくて、8月になった
そうです。
いわば大人が休むための祝日、なんですね。
 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ