暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

子供用ハーネス あなたは どう思う ?

読了までの目安時間:約 3分

 

子供用ハーネス

子供用ハーネスに対する無責任な偏見に負けないで
自信を持って使ってみましょう!
 
小さな子供は、どんな行動を取るか予測ができないものです。
手をつないでいても、突然振り払って走りだしたり、ママが
ちょっと目を離した隙にフラフラとどこかへ行ってしまった
り…。
 
きちんと見ているつもりでも、そんな予想外の行動を取る子
供にヒヤリとさせられた経験は、ほとんどのママが持ってい
るのではないでしょうか。
 

そんな時に便利なのが、ハーネス、迷子ひも

 
現在ではかわいらしいリュックタイプのハーネスが主流と
なり、デザインも豊富になりましたが、このハーネスは便
利な反面、周囲の偏見や無理解にさらされることが多いた
め、使うのをためらってしまうママもいるのが現状です。
 

ハーネスを批判する人は、育児経験が薄い?

 
つい先日、テレビのワイドショーでハーネスが取り上げら
れた際、司会者が「奴隷制度を思い出す」などとコメント
して話題になりました。
 
外出先でハーネスを使っていたら「ペットじゃないんだか
ら」「かわいそう」と心ない言葉を浴びせられたというマ
マの体験談も少なくありません。
 
なぜ、これほどまでにハーネスは嫌がられているのでしょ
うか。
 
一瞬の隙が命取りになることを想像できない、ハーネスを
批判する人の多くは、「犬のリードみたい」という言葉を
口にします。
 
また、「そんなものに頼らないできちんと躾けなさい」と
いうお説教も耳にします。
これらは、育児を実際に経験していない人、あるいは子供
がいても、大人しくておっとりした、とても育てやすい性
格だった人の意見ではないでしょうか。
 
1~2歳の子供は、好奇心の塊。親の制止を振り切って、す
ごいスピードで車に向かって走りだすこともあります。
 
買い物をしている時、レジで財布を出そうとしたわずかな隙
に、ダッシュでどこかへ行ってしまうこともあります。
 
ママがくしゃみをした瞬間に、目の前からいなくなっている
こともあります。
常に目を離さないようにしていたとしても、ほんのちょっと
の瞬間に、子供は何をするか、どこに行くかわかりません。
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ