暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

広島と長崎に落とされた日

読了までの目安時間:約 2分

 

1945年8月6日午前8時15分
広島に原爆が投下されました

 
3日後の8月9日には長崎にも原爆は投下されます。
1945年の暮れまでに、この原爆による死者は広島で12万
人(資料によっては14万人とも)ほど、長崎では7万人ほ
どといわれています。
 
その後も放射線の影響による死者は増えつづけ、広島で
計23万人あまり、長崎で計12万人あまりに上っています。
この広島と長崎におとされた原爆ですが、実は種類のちがう
原爆が投下されました。
 
広島に投下された原子爆弾はウラン235(ウラニウム235)
というもので長崎におとされた原爆はプルトニウムを使って
いたそうです。
 

広島におとされた原子爆弾のウラン235
というのは

天然ウランの中にはごくわずか0.7%ほどしか存在せず、のこ
りのウランはウラン238といい、核分裂を起こさないものだそ
うです。
 
この天然ウランからウラン235だけを取りだし、濃縮し濃縮度
を92%以上に高めたものが核兵器となり、ウラン235は、およ
そ22キロ以上で原子核分裂の連鎖反応が持続するそうです。
 
つまり、22キロ以上のウラン235をいっきに集めればもの
すごい爆発を起こし広島に投下された原爆では、ウラン235
を2つに分けおき、火薬を爆発させることで2つをひとつに
し、核分裂の連鎖をおこさせる仕掛けとなっていて広島での
原子爆弾はリトルボーイといわれる砲弾のような形となって
いたそうです。
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ