暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

海の日?その由来と意味

読了までの目安時間:約 3分

 

海の日の由来

海の日とは、元々「海の記念日」という民間での記念日で明治天皇が
明治9年に東北地方を御巡幸(天皇が各地を回られること)されたのち
「明治丸」という船にご乗船し、7月20日横浜港に無事ご帰着された
事に由来したものだとか。

 

それまでにも軍艦による御巡幸はあったのですが、天皇が軍艦以外の船に
ご乗船されたのはこの時が初めてでしたが、海は大変に荒れて、船も非常に
揺れ船酔いする者が続出する中、明治天皇はまるで何事も無いかのように
始終泰然としておられたそうです。

その明治天皇のお姿に

当時まだ船による航行に不安を感じていた一般国民も、その安全性に大きな
信頼を寄せるようになりそれ以降、海運と船旅の利用が一気に増えるように
なりました。

 

そこにはまさに「海洋国家日本の夜明け」と言っていいほどの大きな歴史的
意義があったのです。
そこで昭和16年、この日を記念し「海の記念日」となったようです。

 

ちなみにこの明治丸ですが、灯台の点検等を行なう灯台視察船として明治政
府がイギリスに発注したもので、現在は重要文化財に指定され、東京海洋
大学に保存されているそうです。

 

そしてこの美しい帆船に「明治丸」と名付けたのは、初代内閣総理大臣であった
伊藤博文でした。

 

「海の記念日」から、国民の祝日「海の日」に

その後、海の仕事に従事する方々や海運関係者によって、この海の記念日を
国民の祝日にしよう、という運動が次第に大きくなっていき、何より明治天皇
に由来にした歴史的意義を理由に、1996年「海の日」として国民の祝日に
制定される事になったそうです。

 

その趣旨は「海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を祝う」というものだ
そうです。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ