暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

知らなかった!勤労感謝の日の本当の意味…働く人たちに感謝をする日ではなかった…

読了までの目安時間:約 3分

 

勤労感謝の日の本当の意味…働く人たちに感謝をする日ではなかった…

11月23日は勤労感謝の日。
勤労感謝の日は国民の祝日に関する法律第2条によれば、
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」
ことを趣旨としている。
 
1948年(昭和23年)に公布・施行された同法により制定さ
れた。
農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風
習があった。
 
しかし、勤労感謝の日の本当の意味は働く人たちに感謝を
する日ではありません。
 
今回はそんな勤労感謝の日の本当の意味を紹介します
 
勤労感謝の日の本当の意味、今でこそ勤労感謝の日と呼び
ますが、そもそもこの日は一年で一番大切な日、五穀豊穣に
感謝する【新嘗祭】が執り行われる日なのです。

新嘗祭をご存知ですか?

現在の11月23日は勤労感謝の日ですが
勤労感謝とは名のごとく働く人たちに感謝をする日、では
ありません。
 
今でこそ勤労感謝の日と呼びますが、そもそもこの日は一
年で一番大切な日、五穀豊穣に感謝する【新嘗祭】が執り
行われる日なのです。
 
私たちは神様から既に多くのものを頂いています。
その多くが命です。
米や野菜、肉や魚などそれらの命を頂き、私たちの【命】
が保たれているのです。
 
私たちは多くの場合、仕事をすることで命を奪ってます。
つまり、大きな仕事をすると言うことはそれだけ多くの命
を奪っていることに繋がります。
古来の仕事は米を作ることでした。
 
今は米を作ることを仕事と考えた方が良いでしょう。
つまり、命の源が米であるのであれば【米=仕事】を行う
全ての者が神に感謝する。その日が新嘗祭なのです。
 
また、この祭祀を最も重要な祭祀と位置付けてきた日本人。
【祈願】よりも【感謝】を優先していたのです。
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ