暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

鉄血勤皇隊って聞いたことありますか?

読了までの目安時間:約 4分

 

鉄血勤皇隊(てっけつきんのうたい)

元沖縄県知事も入隊していた、太平洋戦争(大東亜戦争)
末期の沖縄県において、防衛召集により動員された日本軍史
上初の14~16歳の学徒によって作られた少年兵部隊でだそう
です。
 
沖縄戦において正規部隊に併合され、実際に戦闘に参加し多く
の戦死者を出しました。
 
太平洋戦争(大東亜戦争)末期になると、戦況悪化、長期化に
より兵士の不足が、深刻となった。そこで陸軍省は、つぎつぎ
と陸軍省令を発して、施行規則を改正していった。そうしたな
かでアメリカ軍上陸のせまる沖縄では14歳以上の少年を鉄血勤
皇隊として防衛召集した。
 
防衛召集は、17歳以上の男子が召集対象であったが、194
4年12月の陸軍省令第59号「陸軍召集規則」改正および第
58号「防衛召集規則」改正で、一部地域のみ防衛召集の対
象年齢が引き下げられた。
 
「前縁地帯」と呼ばれる帝国本土とは区別された地域
(沖縄県、奄美諸島、小笠原諸島、千島列島、台湾など)
に限り、17歳未満(14歳以上)であっても、志願して第2
国民兵役に編入された者は、防衛召集できるとされたそう
です。
 

これらの陸軍省令について、内務省は

「事実上徴兵年齢の引き下げにあたるので、法的には法律
である兵役法の改正によってなされるべき」であるとして、
憲法違反の疑いもあることを指摘されていたそうです。
 
また、「志願」は「事実上の強制」になりうることへの懸
念も示していて(法律形式による法整備は、ようやく
1945年6月23日に制定施行された義勇兵役法で行われた。
それまでは鉄血勤皇隊も含め陸軍省令で改正する規則のみ
が法的根拠であったとも)。
 

さらに学校や配属将校が同意なく
印鑑をつくり「志願」

 
のために必要な親権者の承諾書を偽造するなど、「事実上
強制」であったような例も多々見受けられたそうです。
 
なお、県立第二中学校のように配属将校が食糧がないこと
を理由に生徒たちを家に帰したり、県立農林学校では引率
教師が銃殺処刑される覚悟で生徒を家に帰したという例も
あったようです。
 
これらの点は戦後にも問題となり、遺族援護に関連して厚
生省は、鉄血勤皇隊における17才未満の少年の防衛召集に
は法的手続きに問題があり、無効な防衛召集であったとし
て、鉄血勤皇隊の少年たちの軍籍を認めなかったそうです
が結局、政治的配慮から「事実に基いて、軍人として処
理すること」としたそうです。
 
ことに第2国民兵役に編入するための「志願」について任意
性が担保されていない点が問題とされ沖縄戦では、憲法違反
の疑いもあるこれらの陸軍省令(改正規則)を根拠として、
「事実上の強制」手続きにより、1945年3月に第32軍の命
令で、防衛召集された旧制中学生ら1780人による鉄血勤皇
隊が編成され、戦闘行為に動員されて、約半数が戦死したそ
うです。
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ