暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

お月見とは?

読了までの目安時間:約 2分

 

お月見とは

昔の暦で8月15日(今の暦で9月中旬から10月の初頭)の夜
を十五夜といい、その夜に見られる満月は最も美しいとさ
れ「中秋の名月」と呼ばれるようです。

その月を観賞すると同時に、ちょうどこの時期に収穫を迎
えるコメなどの農作物の豊作を願い、また感謝する儀式で
もあるそうです。

稲穂に似たススキを邪気払い(災いを避けるためのお守り)
として飾り、月に似た団子を供え物として飾って食べます。

お月見の日付は毎年変動します
今年はいつお月見をすれば良いのでしょう?

伝統的な「十五夜」(中秋の名月)、「十三夜」、「十日
夜」の日付とともに、由来や楽しみ方を紹介します。

十五夜(中秋の名月)

お月見といえば、一般的には旧暦8月15日の「十五夜」を
さします。

2017 年の十五夜は、10月4日(水)です。
十五夜は秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝を
する行事で、「中秋の名月」と呼ばれています。

旧暦では7月~9月が秋にあたり、初秋は台風や長雨が続き
ますが、仲秋(※)は秋晴れも多く空が澄んで月が美しく
見えます。

そこで、中国から伝わった月見を取り入れ、平安貴族が月
見の宴を催して風雅を楽しむようになりました。

やがて、月見が庶民に広がると、実りに感謝する行事にな
っていき、芋類の収穫祝いをかねているため、「芋名月」
という別名で呼ばれるようになったそうです。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ