暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

七夕祭り(由来の続き)

読了までの目安時間:約 4分

日本の七夕

ほとんどの神事は、「夜明けの晩」(7月7日午前1時頃)に行うことが常であり、
祭は7月6日の夜から7月7日の早朝の間に行われ、午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、
天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもあります。

 

全国的には

短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われていますが短冊などを笹に飾る風習は、
夏越の大祓に設置される茅の輪の両脇の笹竹に因んで江戸時代から始まったもので、
日本以外では見られない風習です。

 

「たなばたさま」の楽曲にある五色の短冊の五色は、五行説にあてはめた五色で緑・紅・黄・白・黒をいう。
中国では五色の短冊ではなく、五色の糸をつるしさらに,上記乞巧奠は技芸の上達を祈る祭であるために、
短冊に書いてご利益のある願い事は芸事であるとされます。

 

また、お盆や施餓鬼法要で用いる佛教の五色の施餓鬼幡からも短冊は影響を強く受けています。

 

サトイモの葉の露で墨をすると習字が上達するといい、7枚のカジ(梶)の葉に歌を書いてたむけ、
俊成女の歌に「たなばたのとわたるふねの梶の葉に、いくあきかきつ露のたまづさ」とあります。

 

このようにして作られた笹を7月6日に飾り、さらに海岸地域では翌7日未明に海に流すことが
一般的な風習ですが、近年では飾り付けにプラスチック製の物を使用することがあり海に流すことは少なくなり、
地区によっては川を跨ぐ橋の上に飾り付けを行っているところもあります。

 

富山県黒部市尾山地区では、2004年(平成16年)7月16日に富山県の無形民俗文化財に指定された七夕流しが、
毎年8月7日に行われ夕刻から姉さま人形を板にくくり付け地区内を引き回し、午後9時になると両岸に七夕飾りを立てた
幅約1mの泉川に入り、満艦舟や行燈、姉さま人形を流すものであり、江戸時代より続けられているそうです。

 

地域によっては半夏生の様に農作業で疲労した体を休めるため休日とする風習が伝していたり、雨乞いや虫送りの行事と
融合したものが見られることもあり、北海道では七夕の日に「ローソクもらい(ローソク出せ)」という子供たちの行事が行われたり、仙台などでは七夕の日にそうめんを食べる習慣があるそうです。

 

この理由については、中国の故事に由来する説のほか、麺を糸に見立て、織姫のように機織・裁縫が上手くなることを願うという説があり、沖縄では旧暦で行われ、盂蘭盆会の一環として位置づけられているそうです。

 

墓を掃除し、先祖に盂蘭盆会が近付いたことを報告する、また往時は洗骨をこの日に行い、商店街などのイベントとしての「七夕まつり」は、一般的に昼間に華麗な七夕飾りを通りに並べ、観光客や買い物客を呼び込む装置として利用されるようにり、上記のような夜間の風習や神事などをあまり重視していないことが多いようです。

 

顕著な例としては、短冊を記入させて笹飾りにつけるような催しが、7日夜になっても行われていたりするところも。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ