暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

十三参りとは?服装は?参拝場所は?時期はいつなの?

読了までの目安時間:約 3分

十三参りの意味は?時期はいつ?服装は?
 
十三参りという伝統行事をご存知ですか?
 
十三参りとは、子供の幸せと健やかな成長を
祈願して参拝するお祝いの伝統行事です。
 
京都を中心に関西では盛んにおこなわれていて
子供に着物を着せて
本格的な参拝をする地域も珍しくありません。
 
最近では、全国各地でも行われることが増えてきましたが、
まだ知らない人も多いようです。
 
十三参りについて紹介したいと思います。
 

十三参りとは?

 
十三参りとは、数え年で13歳になった男女が
虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)に参拝し
福徳と知恵を授かるという行事だそうです。
 
数え年の13歳といえば、思春期をむかえた不安定な時期です。
小学生から中学生になることで環境が変わります。
学校で友人関係や勉強の不安など悩みの多い年ごろですよね。
 
これからの幸せと健やかな成長を祈願して参拝しましょう。
 

十三参りでの服装はどんなものがいいの?

 
女の子は、本絶ち(大人の寸法)の肩上げした着物(晴れ着)を着ます。
帰宅したらすぐに肩上げで縫い上げていた糸を
ほどくというのが正式な儀礼ではあります。
 
男の子の服装は羽織袴姿が正式な儀礼です。
 
しかし、必ず着物(晴れ着)や
羽織袴で行かなければいけないという決まりはないんです。
 
最近は服装にこだわる人は少なく
ワンピースやスーツ、学校の制服で参拝する人も増えているようです。
 

どこに行って何をするの?

 
正式には、参拝は虚空蔵菩薩をまつっている神社やお寺に行きます。
 
参拝するときは、半紙に本人の好きな漢字を一文字書いて奉納し
祈祷を受けて、お守りとお供え物をいただいて帰ります。
 
帰るときに後ろを振り返ると
授かった福徳や知恵がなくなるという言い伝えがあるので
参拝した神社やお寺を出るまでは振り返らないようにするそうです。
 
最近は、日ごろお世話になっている近所のお寺や
神社にお参りする人も増えているようです。
 

十三参りに行く時期は?

 
参拝時期は旧暦3月13日で、現在の4月13日です。
 
虚空蔵菩薩が13番目に誕生した菩薩様といういわれから
虚空蔵菩薩に縁のふかい旧暦3月13日になったそうです。
 
今では、新暦の4月13日を中間には挟んで
3月13日~5月13日の間に参拝するといわれています。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ