暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

岸和田だんじり祭り知ってますか?

読了までの目安時間:約 4分

 
 

岸和田だんじり祭り

 
岸和田市北西部、岸和田城下およびその周辺(旧市と呼ば
れる地域)で毎年9月に行われ、今から約260年前の1745
年(延享2年)に、町方の茶屋新右衛門が大坂の祭を見聞
し、牛頭天王社(現・岸城神社)の夏祭(旧暦6月13日)
に献灯提灯を掲げたいと藩主に願い出て許可されたのがは
じまりでした。
 

1703年(元禄16年)

当時の岸和田藩主であった岡部長泰が伏見稲荷大社を岸和田
城三の丸に勧請し(三の丸神社)、五穀豊穣を祈願して行っ
た稲荷祭を始まりとする説があります。
 
速度に乗っただんじりを方向転換させる「やりまわし」が醍
醐味で、曳行コースの曲がり角は大勢の観客であふれだんじ
りに施された非常に精緻な彫刻も見所で、休憩時などの停止
中に申し出れば見物を許可してくれることもあるそうです。
 
もとは関西の一地方の祭でしたが、昭和の終わり頃から多
くのメディアで紹介されるようになり一気に全国区の祭と
なりました。
 
近年、だんじりを所有する町会がさらに増加しており、
規模が拡大しつつあり、同日開催の春木だんじり祭と合わ
せて南北3.5km、東西1kmの範囲で交通規制が敷かれ、南海
本線春木駅-蛸地蔵駅間の4駅全てが含まれる規模だそうです。
 
曳行されるだんじり(地車)は総欅造り(黒檀等を装飾的に
用いることもある)前方に100mほどの2本の綱をつけ、500人
程度で地元の町を疾走すし、囃子を奏でる大小の和太鼓と鉦が
備えられ、そこに篠笛が加わり欅には女神が宿るなどと言われ、
女性がだんじりに乗ることはできないが、女児はその限りでは
ないそうです。
 

下だんじりの特徴である豪快な「やりまわし」

曳き綱の付け根を持つ綱元(つなもと)がラインと速度を決め、
屋根上の大工方(だいくがた)が指示を出し、台木後方に挿し
込まれた後梃子(うしろてこ)を外側へ振って行い、速度に乗
っただんじりを方向転換させる「やりまわし」が醍醐味です。
 
曳行コースの曲がり角は大勢の観客であふれだんじりに施さ
れた非常に精緻な彫刻も見所で、休憩時などの停止中に申し
出れば見物を許可してくれることもあるそうです。
 
もとは関西の一地方の祭でしたが、昭和の終わり頃から多くの
メディアで紹介されるようになり一気に全国区の祭となりました。
近世の岸和田城下において城門を潜る必要性から独自の進化を遂
げて行った岸和田型のだんじりを「下だんじり」、以前の形態を
残した各種だんじりを「上だんじり」と呼び分けることも
あるそうです。
 
下だんじりは優美なシルエットと精緻な彫刻で人気を博し、
岸和田市内や泉州地域以外にも広まりを見せているそうで、
下だんじりの特徴である豪快な「やりまわし」は、曳き綱の
付け根を持つ綱元(つなもと)がラインと速度を決め、屋根
上の大工方(だいくがた)が指示を出し、台木後方に挿し込
まれた後梃子(うしろてこ)を外側へ振って行います。
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ