暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

端午の節句の意味知ってますか?

読了までの目安時間:約 3分

端午の節句の意味とは?

旧暦では午の月は5月にあたり、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、のちに5が重なるこの月の5日が端午の節句の日になったといわれ、「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日のことで後に、「午」は「五」に通じることから毎月5日となり、その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったともいわれてます。

 

鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、菖蒲の葉の形が剣を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになったとも言われています。

 

鎧、兜、刀、武者人形や金太郎・武蔵坊弁慶を模した五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にこいのぼりを立てるのが、典型的な祝い方だそうです。
(ただし「こいのぼり」が一般に広まったのは江戸時代になってからで、関東の風習として一般的となったが京都を含む上方では当時は見られない風習だそうです)

 

鎧兜には男子の身体を守るという意味合いが込められていて、こいのぼりをたてる風習は中国の故事にちなんで、男子の立身出世を祈願して立てるとも意味もあるそうです。

 

典型的なこいのぼりは、5色の吹き流しと3匹(あるいはそれ以上)のこいのぼりからり吹き流しの5色は五行説に由来するともいわれています。

江戸時代まで、端午の日に子供は河原などで石合戦をする「印地打ち」という風習があったが、負傷者や死亡者が相次いだために禁止となりその後に菖蒲を刀の代わりにした「菖蒲切り」というチャンバラが流行しました。

 

端午の日にはちまきや柏餅(かしわもち)を食べる風習は、中国戦国時代の楚の詩人屈原の命日である5月5日に彼を慕う人々が彼が身を投げた汨羅江(べきらこう)にちまきを投げ入れて供養したこと、屈原の亡骸を魚が食らわないよう魚のえさとしたものがちまきの由来とされています。

 

柏餅を食べる風習は日本独自のもので、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まっていったようです。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
最近の投稿
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ