暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

素敵という言語、言葉の由来は?

読了までの目安時間:約 4分

「日本国語大辞典(新版)」によると

「すてき」という語は、19世紀初め頃から、江戸庶民の
少し俗な流行語として用い始められたようです。
 
初めの頃は、かな書きの例が多く、後に「素的」の表記が
広まり、昭和以降「素敵」の表記が一般化したとのことで
す。
 
したがって、「素敵」が当て字であるということはいえそ
うですが、それ以上のことは「わからない」と答えるのが
最も良心的であろうと思います。
 
言葉の由来や語源が知りたい、それは人間の知的活動、好
奇心としてごくごく自然の感情です。
そこから言葉を大切にする思いが生まれれば、大いに結構
なことです。
 
しかし、例えば「日本国語大辞典」の語源欄をご覧になっ
てください。
ひとつの語にいくつもの語源説が存在することも事実です。
 
なぜ、ひとつの語に多くの語源説が存在するのでしょうか。
わからないからです。科学的に論証できないケースの方が
多いのです。
 

「素敵」という熟語には、どうして「敵」という漢字
が使われているのですか?

 
「素」という漢字は、「素顔」「素手」「素材」のように
「もとのままで、手を加えない」という意味で使われます。
 
それが「素敵」となると「もとのままの敵」となって、な
んのことやら意味不明、混乱するのももっともです。
 
「すてき」は、江戸時代も後半になってから使われ始めた
ことばですが、その語源は、「すばらしい」の「す」に
「的」がついたもの、という説が有力です。
 
と言われてもピンと来ない人も多いでしょうが、江戸の終
わりから明治にかけての時期には、泥棒のことを「泥的」、
官僚のことを「官的」というような俗語があって、それと
似たような用い方をされたものなのでしょう。
 
となると「すてき」とは「す的」なのであって、「素敵」
は当て字だ、ということになります。
 
事実、「すばらしい」を「素晴らしい」と書くことから生
じたのでしょうか、「すてき」を「素的」と書く書き表し
方もあって、昔はこちらの方が「素敵」よりも優勢だった
といいます。
 
つまり、「素敵」に「敵」が使われているのには、きちん
とした理由は全くない、ということになるのです。
ただし、現在では「素的」はほとんど使われません。
そこで、「素的」はなぜ「素敵」にとって代わられたのか?
という疑問が生じてきます。
 
その答えはわかりませんが、結果として「ぜいたくは素敵
だ」「大胆素敵」などといったことば遊びの名作(?)が
生まれたことを考えると、そこには、日本人のステキな遊
び心が働いていたのかもしれません。
 

漢字の語源について。素敵という文字に「敵」が入っている
のは何故でしょうか???

 
「素敵」の『素』は、『素晴らしい(すばらしい)』の『素』
です。
 
そして、問題の『敵』は、接尾語の『てき』で、「そのよう
なもの」という意味を表しています。
 
要するに、「敵」は当て字で、「素敵」は「素的」とも書
くことができるのです。
また、「出来過ぎ(できすぎ)」の倒語、「すぎでき」が
変化して、「すてき」になったという説もあります。
 
(※)「素晴らしすぎて敵わない」といった意味合いから
と考えられている。
 
 

知らなかった!勤労感謝の日の本当の意味…働く人たちに感謝をする日ではなかった…

読了までの目安時間:約 3分

 

勤労感謝の日の本当の意味…働く人たちに感謝をする日ではなかった…

11月23日は勤労感謝の日。
勤労感謝の日は国民の祝日に関する法律第2条によれば、
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」
ことを趣旨としている。
 
1948年(昭和23年)に公布・施行された同法により制定さ
れた。
農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風
習があった。
 
しかし、勤労感謝の日の本当の意味は働く人たちに感謝を
する日ではありません。
 
今回はそんな勤労感謝の日の本当の意味を紹介します
 
勤労感謝の日の本当の意味、今でこそ勤労感謝の日と呼び
ますが、そもそもこの日は一年で一番大切な日、五穀豊穣に
感謝する【新嘗祭】が執り行われる日なのです。

新嘗祭をご存知ですか?

現在の11月23日は勤労感謝の日ですが
勤労感謝とは名のごとく働く人たちに感謝をする日、では
ありません。
 
今でこそ勤労感謝の日と呼びますが、そもそもこの日は一
年で一番大切な日、五穀豊穣に感謝する【新嘗祭】が執り
行われる日なのです。
 
私たちは神様から既に多くのものを頂いています。
その多くが命です。
米や野菜、肉や魚などそれらの命を頂き、私たちの【命】
が保たれているのです。
 
私たちは多くの場合、仕事をすることで命を奪ってます。
つまり、大きな仕事をすると言うことはそれだけ多くの命
を奪っていることに繋がります。
古来の仕事は米を作ることでした。
 
今は米を作ることを仕事と考えた方が良いでしょう。
つまり、命の源が米であるのであれば【米=仕事】を行う
全ての者が神に感謝する。その日が新嘗祭なのです。
 
また、この祭祀を最も重要な祭祀と位置付けてきた日本人。
【祈願】よりも【感謝】を優先していたのです。
 
 

今、なぜカセットテープ?

読了までの目安時間:約 2分

 

今、なぜカセットテープ?

 
「CDが売れない時代」と言われるようになって久しい音楽
業界。
そんな中、国内外のインディーズシーンで密かに、カセッ
トテープでのリリースが増えているという話を聞きつけた。
 
カセットテープ……80年代生まれの私にとっては、ノスタ
ルジーを呼び起こすワードのひとつ。
 
家族で「しーっ!」と言い合いながら息をひそめてテレビ
の音を録音したり、CDからダビングしているときに、残り
時間であと1曲ぎりぎり入るかどうかというときの緊張感な
どなど……
 

みなさんもカセットテープにまつわる懐かしい思
い出があるのではないでしょうか?

 
そんなカセットテープ世代としては、リリースが増えてい
るというのは、なぜだか理由もなく嬉しくなるニュース。
けれど、実際にカセットテープで音源を出すことの良さっ
て、どんなところなんでしょう?
 
そこで、現在カセットリリースに力を入れているというイ
ンディーズレーベル「ZOMBIE FOREVER」オーナーの森
幸司さんは、こう話していました。
 
「僕も80年代生まれで、カセットテープはいちばん愛着が
あるメディアなんです」と語り始めた森さん。
 
森さんの運営する「ZOMBIE FOREVER」は山形を拠点と
するレーベル。
地元のいい音楽を全国に伝えたいという思いから、以前は
CDを全国流通していたそうですが。
 
「自主流通するところから始めて、大手レコード店への流
通までこぎ着けたんですが本当に届けたいところに届いて
ないんじゃないか?
 
 

防犯用語「はちみつじまん」が無理矢理すぎる~

読了までの目安時間:約 3分

 

不審者を見破る【はちみつじまん】

が無理矢理すぎる!「不審者」を見分ける鍵言葉?

そこで、「はちみつじまん」と「イカのおすし」「ひまわり」
小学校などで防犯講座を手がける「ステップ総合研究所」とい
うところが不審者とはこういう人というのを「はちみじまん」
というフレーズで説明しています。

「は」 はなしかけ、
「ち」 ちかづいてくる、
「み」 みつめてる、
「つ」 ついてくる、
「じ」 じっと
「ま」 まっている、
「ん」 そんなひとには「ん?」と注意しましょう。

そんな怪しい人にあったら、こう対処しましょう。
「イカ」 行かない、
「の」(くるまに)乗らない、
「お」 大声でさけぶ、
「す」 すぐ、逃げる
「し」 知らせる。
防犯の標語集(いかのおすし・ひまわり・はちみつじまん)
子どもの防犯標語の代表例をご紹介します

危ないときは「いか・の・お・す・し」(おいしいよね。)
危ないことや変なことにあいそうになったとき、覚えておきた
いのが「いか・の・お・す・し」。
「いか」 ついていかない
「の」 車に乗らない
「お」 おおごえを出す
「す」 すぐ逃げる
「し」 しらせる
で、そんな怪しい人にあったら、こう対処。

「イカ」行かない、
「の」(くるまに)乗らない、
「お」 大声でさけぶ、
「す」 すぐ、逃げる
「し」 知らせる。

夏休みですねぇ
怖い目にあわないために気をつけなくてはいけない「危な
い場所」の4つのポイント。
「ひ」 ひとりだけになるところ
「ま」 まわりから見えにくいところ
「わ」 分かれ道、脇道や裏道の多いところ
「り」 利用されていない建物や公園
怪しい人の5つの特徴「は・ち・み・つ・じま・ん」

子どもに悪いことをしようと思っている人の行動の特徴。
それを表したのが「は・ち・み・つ・じま・ん!」
「は」話しかけてくる→しつこく話しかけてくる人
「ち」近づいてくる→ぐんぐん近づいてくる人
「み」見つめてくる→あなたが来るのを道ばたや車のそば
でじっと見つめてくる人

「つ」ついてくる→あなたの後をいつまでもどこまでもつ
いてくる人「じ」「ま」じっとまっている あなたが来る
のをじっと待っている人「ん」こんな人に会ったら「ん?」
と注意!!

子供用ハーネス あなたは どう思う ?

読了までの目安時間:約 3分

 

子供用ハーネス

子供用ハーネスに対する無責任な偏見に負けないで
自信を持って使ってみましょう!
 
小さな子供は、どんな行動を取るか予測ができないものです。
手をつないでいても、突然振り払って走りだしたり、ママが
ちょっと目を離した隙にフラフラとどこかへ行ってしまった
り…。
 
きちんと見ているつもりでも、そんな予想外の行動を取る子
供にヒヤリとさせられた経験は、ほとんどのママが持ってい
るのではないでしょうか。
 

そんな時に便利なのが、ハーネス、迷子ひも

 
現在ではかわいらしいリュックタイプのハーネスが主流と
なり、デザインも豊富になりましたが、このハーネスは便
利な反面、周囲の偏見や無理解にさらされることが多いた
め、使うのをためらってしまうママもいるのが現状です。
 

ハーネスを批判する人は、育児経験が薄い?

 
つい先日、テレビのワイドショーでハーネスが取り上げら
れた際、司会者が「奴隷制度を思い出す」などとコメント
して話題になりました。
 
外出先でハーネスを使っていたら「ペットじゃないんだか
ら」「かわいそう」と心ない言葉を浴びせられたというマ
マの体験談も少なくありません。
 
なぜ、これほどまでにハーネスは嫌がられているのでしょ
うか。
 
一瞬の隙が命取りになることを想像できない、ハーネスを
批判する人の多くは、「犬のリードみたい」という言葉を
口にします。
 
また、「そんなものに頼らないできちんと躾けなさい」と
いうお説教も耳にします。
これらは、育児を実際に経験していない人、あるいは子供
がいても、大人しくておっとりした、とても育てやすい性
格だった人の意見ではないでしょうか。
 
1~2歳の子供は、好奇心の塊。親の制止を振り切って、す
ごいスピードで車に向かって走りだすこともあります。
 
買い物をしている時、レジで財布を出そうとしたわずかな隙
に、ダッシュでどこかへ行ってしまうこともあります。
 
ママがくしゃみをした瞬間に、目の前からいなくなっている
こともあります。
常に目を離さないようにしていたとしても、ほんのちょっと
の瞬間に、子供は何をするか、どこに行くかわかりません。
 
 

1 2 3 7
カテゴリー
タグ
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ