暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

マーチングバンドとは?

読了までの目安時間:約 3分

 

マーチングとは行進をすることで

マーチング・バンドとは、吹奏楽活動のひとつの演奏形態
として演奏をしながら、その演奏曲の曲想に合った動きを
加えたもので、音楽と動きの調和のとれていることが望ま
れていす。
 
音楽を通じて豊かな情操を高め、演奏を通じては、音楽を
人に伝える喜びを教えています。
 
そして、バンドの活動を社会に幅広く求め、多くのことを
経験させて、その中で吹奏楽の楽しさを教えるとともに、
豊かな人間形成の一環としてのバンド活動を推進している
のです。
 
こうした中でマーチングは、バンド活動の重要な一部分と
して定着してきました。
その背景には、なんといっても、フットボールのハーフタ
イム・ショーがあり、指導者にも恵まれていたことがあげ
られるでしょう。
 

我が国では、どうでしょう・・・

いまだに、残念なことにマーチングはバンド活動に負担に
なると感じているバンドが、多いように思われます。
 
なぜでしょう、その障害となっている問題はいろいろあると
思いますが、それ以前に次の努力が必要でしょう。
 

教育的意義から見たマーチング

マーチングは、単にパレードをしたり、ドリル・フォーメー
ションを展開したりすることに尽きるものではありません。
そうした華やかな形に現れる要素ばかりではなく、その表面
的なものの裏にある、大事な要素を見落とす事は出来ません。
 
マーチングでは、一つの規律のもとに、自分に与えられたこ
とを確実に果たさなければなりません。
 
誰一人としてギブ・アップ(ごまかし)が出来ず、一つの集団
としての決まりを守る中で、責任感が養われ、そして、大切な
のは結果として形に現れたものではなくそこに至る練習の過程、
指導の方法なのです。
 
 

ブドウ収穫祭って知ってますか?

読了までの目安時間:約 1分

 

ぶどう収穫祭

 
ぶどう収穫祭は、毎年10月の7日から11日にかけてブド
ウ収穫祭が行われます。
 
パリ市内唯一のブドウ園があるモンマルトルで開催される
収穫祭。
 
1934年から続いている伝統あるお祭りで、ハイライトはパリ
18区役所前からスタートするパレードで、アベス広場までを
1500人以上が練り歩きます。
 
周辺はワインの即売会や試飲会、名産品の屋台、各地の文化を紹介
するブースで賑わいます。
 
また夜にはルイ・ミッシェル広場で花火も打ち上げられます。
 
 

岸和田だんじり祭り知ってますか?

読了までの目安時間:約 4分

 
 

岸和田だんじり祭り

 
岸和田市北西部、岸和田城下およびその周辺(旧市と呼ば
れる地域)で毎年9月に行われ、今から約260年前の1745
年(延享2年)に、町方の茶屋新右衛門が大坂の祭を見聞
し、牛頭天王社(現・岸城神社)の夏祭(旧暦6月13日)
に献灯提灯を掲げたいと藩主に願い出て許可されたのがは
じまりでした。
 

1703年(元禄16年)

当時の岸和田藩主であった岡部長泰が伏見稲荷大社を岸和田
城三の丸に勧請し(三の丸神社)、五穀豊穣を祈願して行っ
た稲荷祭を始まりとする説があります。
 
速度に乗っただんじりを方向転換させる「やりまわし」が醍
醐味で、曳行コースの曲がり角は大勢の観客であふれだんじ
りに施された非常に精緻な彫刻も見所で、休憩時などの停止
中に申し出れば見物を許可してくれることもあるそうです。
 
もとは関西の一地方の祭でしたが、昭和の終わり頃から多
くのメディアで紹介されるようになり一気に全国区の祭と
なりました。
 
近年、だんじりを所有する町会がさらに増加しており、
規模が拡大しつつあり、同日開催の春木だんじり祭と合わ
せて南北3.5km、東西1kmの範囲で交通規制が敷かれ、南海
本線春木駅-蛸地蔵駅間の4駅全てが含まれる規模だそうです。
 
曳行されるだんじり(地車)は総欅造り(黒檀等を装飾的に
用いることもある)前方に100mほどの2本の綱をつけ、500人
程度で地元の町を疾走すし、囃子を奏でる大小の和太鼓と鉦が
備えられ、そこに篠笛が加わり欅には女神が宿るなどと言われ、
女性がだんじりに乗ることはできないが、女児はその限りでは
ないそうです。
 

下だんじりの特徴である豪快な「やりまわし」

曳き綱の付け根を持つ綱元(つなもと)がラインと速度を決め、
屋根上の大工方(だいくがた)が指示を出し、台木後方に挿し
込まれた後梃子(うしろてこ)を外側へ振って行い、速度に乗
っただんじりを方向転換させる「やりまわし」が醍醐味です。
 
曳行コースの曲がり角は大勢の観客であふれだんじりに施さ
れた非常に精緻な彫刻も見所で、休憩時などの停止中に申し
出れば見物を許可してくれることもあるそうです。
 
もとは関西の一地方の祭でしたが、昭和の終わり頃から多くの
メディアで紹介されるようになり一気に全国区の祭となりました。
近世の岸和田城下において城門を潜る必要性から独自の進化を遂
げて行った岸和田型のだんじりを「下だんじり」、以前の形態を
残した各種だんじりを「上だんじり」と呼び分けることも
あるそうです。
 
下だんじりは優美なシルエットと精緻な彫刻で人気を博し、
岸和田市内や泉州地域以外にも広まりを見せているそうで、
下だんじりの特徴である豪快な「やりまわし」は、曳き綱の
付け根を持つ綱元(つなもと)がラインと速度を決め、屋根
上の大工方(だいくがた)が指示を出し、台木後方に挿し込
まれた後梃子(うしろてこ)を外側へ振って行います。
 
 

出店、夜店、露店のちがいってわかりますか?

読了までの目安時間:約 2分

出店、夜店、露店のちがいってわかりますか?

 

8月にはいり、花火大会やお祭りなどの夏の行事がふえますね。
男性も女性も浴衣をきて、片手にうちわをもつ姿が目にうかぶ
ようです。

 

出店、夜店、露店のちがい

 

出店(でみせ)・・・①本店から分かれて別の場所に出した店。
          ②みちばたに臨時にでる店。

 

夜店(よみせ)・・・よる、路上などで品物をならべ、うる店。

 

露店(ろてん)・・・みちばたや寺社の境内などで、ゴザや
          台の上にならべた商品をうる店。

 

縁日とお祭りのちがい

 

縁日・・・「有縁の日」の略で神様、仏様とのご縁をむすぶ日の
      こと。

 

お祭り・・・五穀豊穣をねがったり、厄災の退散をねがったり、
      神様や仏様、ご先祖様にカンシャをする日。

 

屋台メニュー人気ランキング

 

1位 焼きそば・オム焼きそば

 

2位 たこ焼き

 

3位 かき氷

 

4位 フランクフルト

 

5位 ビール

 

花火大会やお祭りなどでたのしむのはいいですが、ゴミなどはしっかりと
持ちかえり、美化につとめましょう。

 

踊れば踊るほど赤字が増える阿波踊り

読了までの目安時間:約 4分

踊れば踊るほど赤字が増える!?

 
阿波おどりの危機徳島県を発祥とする盆踊り。
実は、この阿波おどりの費用の累積赤字が4億3600万円も
あるといいます。
 

「阿波おどり」の赤字

 
2015年度 約280万円
2016年度 約850万円
累積赤字 約4億3600万円
 
この状況に徳島市議会が待ったをかけた
これまで累積赤字は6億円まで保障するとしていた徳島市。
今年3月市議会は方針転換。
 
上限を4億3600万円に変更。
つまり今以上の赤字を保障しないことにしました。
 
週刊現代のある記事では、観光協会幹部の証言として、徳島
新聞が人気の桟敷席を独占して、一般の人がチケットを
買えない状態にあると報じました。
 
さらに、スポンサー看板作成の大半が徳島新聞のグループ
企業に発注されていると主張。
赤字を生む体質を作っている原因が、県内で7割のシェアを
占める徳島新聞側にもあると批判している。
 
名指しされた徳島新聞側は、記事については事実に反する
内容であり、弊社の名誉・信用を著しく毀損するもので
ありますと、法的措置も検討しているという。
 
とはいえ、4億円もの負債があるのは事実、なぜこんなにも
負債が膨らんでしまったのでしょうか?
問題は、観覧席のチケット代にあるとも言われている。
阿波おどり会場には、道の両脇に約10万席の観覧席が用意
されている。
 
それぞれ「観光協会」や「新聞社」など、どこがチケットを
販売したかが記されているが、何も書かれていない席がそこ
かしこにある。
観光協会が発表した収支報告書を見ると、おととしのチケットの
販売率は87.9%、つまり1割(12.1%)以上売れ残っている
ことになる。
 
しかし、実際の阿波おどり会場の写真を見ると、観覧席は超満員。
つまり座席チケットは完売しているのに、それが収入となって
いないといいます。
単純計算で2500万円が消えたことになる。
 
2015年の阿波おどり(徳島市)の収益 を見てみると、
チケット販売 約1億6300万円
県や市の補助金 約3000万円
広告料 約2700万円
その他 約4000万円
合計 約2億6000万円
 
このチケット販売の収益がもっと多いのではないかと言われて
いる。
この収入の不透明さが赤字体質を生んでいる原因だとも
言われている。
 

「同じ阿呆なら踊らにゃ損損」と、そう歌う阿波おどりだが

 
実際は、踊れば踊るほど損が増えている現状。
今(2017年)は予定通り行われるというが、もし赤字が
出たらどうなるのか?
存続が危ぶまれる事態となっている。
 
ちなみに、他にも同じように赤字となっているお祭りがあり、
大阪市の天神祭では去年約1000万円の赤字や、青森市の
ねぶた祭りでもおととし約370万円の赤字となっているそ
うです。
 
 

カテゴリー
タグ
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ