暮らしのカレンダー

暮らしのカレンダー

☆ 暮らしに関する「いろいろな情報」を紹介しています。

抹茶をつかったレシピ 教えちゃいます③

読了までの目安時間:約 3分

抹茶をつかったレシピ 教えちゃいます③

 

日本では、約800年前から親しまれてきた抹茶。
抹茶の収穫時期は、おもに4~6月です。
6月まで抹茶をつかったレシピをのせようと思います。

 

抹茶シェイク

 

材料(2人分)

 

抹茶  小さじ2
熱湯  大さじ2
バニラアイス(小)  カップ1個
牛乳  100mℓ
氷  1カップ
抹茶(仕上げ用)  適量

 

作り方

 

❶抹茶を茶こしでふるい熱湯をくわえよく混ぜる。

 

❷①、バニラアイス、牛乳、氷をミキサーにかける。とけない
うちに器にそそぎいれる。

 

❸仕上げ用の抹茶をふりかければ出来上がり。

 

抹茶ショコラショー

 

材料(2人分)

 


抹茶  大さじ1
砂糖  大さじ1
熱湯  1/4カップ

 

生クリーム  1/4カップ
牛乳  1カップ
ホワイトチョコレート  50g

 

作り方

 

❶Ⓐの材料をあわせる。抹茶を茶こしでふるい砂糖とまぜ
あわせる。熱湯をくわえよく混ぜる。

 

❷生クリームをホイッパーでゆるめに泡立てる。

 

❸牛乳を鍋にいれ中火にかける。あたたまったら刻んだ
ホワイトチョコレートをいれ溶かす。①をくわえ混ぜる。

 

❹③を器にそそぐ。②をながしいれたら出来上がり。

 

抹茶甘酒

 

材料(2人分)

 

酒粕  100g
ゆるま湯  1と1/4カップ
砂糖  大さじ3

 


抹茶  大さじ1/2
砂糖  大さじ1
熱湯  大さじ2

 

作り方

 

❶酒粕をちぎり、ぬるま湯にひたす。2~3時間おき、
ふやかす。

 

❷抹茶を茶こしでふるい砂糖とまぜあわせる。熱湯をいれ
よく混ぜる。

 

❸ふやかした①をときほぐし弱火であたためる。砂糖をいれ
溶かす。

 

❹器にもり②をかける。まぜながら食す。

灯篭流しの意味知ってますか?

読了までの目安時間:約 2分

 

灯篭流しとは?

 

灯籠流し(とうろうながし)は、死者の魂を弔って灯籠(灯篭)やお盆の供え
物を海や川に流す日本の行事。
とうろう流しや灯篭流し、または精霊流しとも表記します。

 

一般的には、お盆の行事送り火の一種であり、夏祭りや花火大会などと合同で
行われることが多く「お盆」時期についての解釈が地方によって異なることや、
特別の追悼行事として行う場合もあり、日本全国で一斉に行われるわけではあ
りません。

 

近年は海や川の汚染が問題になり、灯籠をそのまま海に流すことは昔と比べると
少なくなっていて自治体が放流を禁じている例もあり、その場合は川の下流など
で灯籠を回収したり、河川敷や海岸に集め回収することになっているそうです。

 

しかし費用の問題から狭い範囲で実施することで回収を容易にしたり、
回収せずにそのまま流したりする例もあるみたいです。

 

花火大会が同時に開催される場合が多く、福島市街地で最大規模の花火大会が
同時に行われたりもします。
 
 

カテゴリー
タグ
にほんブログ村
 
ツールバーへスキップ